マッサージで心からリフレッシュしよう~一瞬で元気を取り戻す~

マッサージ

マッサージの手技

マッサージの色々な手技について

腰痛

マッサージとは、あん摩マッサージ指圧師による徒手を基本にした、人体に対する治療行為です。 押す、叩く、揉む、擦る、などの技術を使い、体中の筋肉に対してアプローチしていきます。 マッサージの定義は、素肌に対してタルクなどの滑り易い粉を使用したり、マッサージオイルなどを使用して、求心性に施術していく方法です。求心性とは、体の外側から心臓に向かう方向で行うことです。あん摩は筋肉をしっかりと掴んで揺らしたり、軽く握り締めていく施術です。指圧は拇指を使用し、施術者の体重をかけながら、集中して、垂直に、持続した行う手技です。 友情では、あん摩の手技、指圧の手技なども合わせた状態の手技を、マッサージと呼んでいます。

マッサージの、人体における効果

マッサージの手技は、素肌にオイルなどをつけ指や手を滑らせることで、リンパの流れをよくして行く効果があります。リンパを流すリンパ節は、脇の下、鼠蹊部、膝の裏などに存在しています。リンパを流すことでコリも取れていきますが、足などには美脚効果も期待できます。マッサージの中に位置づけられるあん摩は、腕や足などを把握する施術方法で、血行をよくしたり、筋肉の緊張を取ることが出来ます。指圧は、拇指で痛みのある所や、それと関係ある部位に押圧をかけていき、痛みをとっていきます。 マッサージにおける最大の効果は、血行を促進して、痛みを感じる部分に溜まっている発痛物質を流すことです。また、筋肉に刺激を与えることで自己免疫などを上げ、自然治癒力を上げていくことが出来ます。